手捏ねのパンを作りました

たまにストレスが溜まると作りたくなるのがパンです。我が家にはホームベーカリーはないので作る時は手でひたすら捏ねます。大きな捏ね専用の板の上で生地を捏ねて思いっきり叩き付けます。この瞬間が一番ストレスが解消されます。生地にイライラする事を思い浮かべてとにかくバシバシ叩くと本当にスッキリするのです。実際にパン屋さんで売っているような美味しいものができあがるわけではありませんが、焼き立てはそれなりに美味しいのでつい作ってしまいます。食パンは定番で白パンやレーズンパンなどを作って出来上がった時は本当に嬉しいです。ただ残念なのは粗熱をとっている間にどんどん固くなってしまう事。焼きたてはふかふかなのに固くなってしまうともう一度焼かないといけないのでそこが残念です。我が家にはトースターがないので魚焼きグリルに入れて焼いているのですが、綺麗に焼き色が付くと美味しそうに見えるので十分です。焼けたパンにマーガリンを塗って食べるのが好きです。バターではなくマーガリンです。何故か昔から我が家ではマーガリンなのです、くどくないので軽めに焼いて食べる方法をついおすすめしてしまいます。どんなパンでもトーストするなら軽めに焼くのがおすすめです。ニキビ跡を消すコスメはコチラへ